鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作のメタルGO

ホーム > 加工方法一覧 > 塗装加工のご依頼・お見積り
塗装加工

鉄・アルミ・ステンレスへの塗装はメタルGOにご依頼ください。金属加工の工程は、素材を目的の形にする「機械加工」、加熱・冷却を繰り返し性能を向上させる「熱処理加工」、表面の特性を向上させる「表面処理加工」の流れで行います。塗装は、表面処理加工の代表的な方法で、金属表面を錆びにくくしたり、色付けたりするために重要な役目を持っています。

 

摩擦による損傷を防ぐために耐摩耗性を上げたり、耐薬品性を上げたりと、塗装はさまざまな機能性を上げるためにも役に立ちます。塗装と似ている加工にメッキがありますが、使用する材料や塗布する方法が異なり、それによって価格や効果も異なります。製品の使用目的やご予算に合わせた表面処理加工をご提案しておりますので、お気軽にお見積りをご相談ください。

塗装の目的

塗装とは、金属の表面に塗料を塗布して皮膜を形成することです。塗装を施すことで錆びにくくなったり、摩耗に強くなったり金属表面の性能が向上します。塗装によって得られる代表的な効果を3つご紹介します。

塗装装飾

装飾性の向上

色や光沢を与えることによって見た目を美しくする目的として活用されています。例えば自動車や電車の大半は塗装が施されており、さまざまなカラーバリエーションがあります。またガラスのような質感を持たせるアクリル樹脂塗装なども広く活用されています。

塗装耐食性

耐食性の向上

金属表面が露出したままの状態では、空気中の酸素と結びつくことによって酸化してしまいますが、金属表面を塗料の皮膜で覆うことにより、空気中の酸素との接触がなくなり、錆びの進行を防ぎます。錆びやすい鉄などの金属や、水気が多い場所、酸度の高い場所で使用する場合に活用されています。

塗装機能性

機能性の向上

塗料の機能性を、母材に付与することも可能です。向上できる機能性は、耐摩耗性、耐熱性、耐変色性、耐薬品性などがあります。屋外で使用する場合は耐候性が必要となりますが、アクリル樹脂塗装やフッ素樹脂塗装により日光の影響で変色や劣化しない性能が施されています。

 

元の素材に機能性が備わったものが選択できる場合は良いですが、加工の難しさやコストの面で別の素材を使用しなければならない場合や、複数の機能性を向上させたい場合に塗装は非常に有効です。

代表的な塗装の種類

塗装の種類は、「溶剤塗装」「焼付塗装」「粉体塗装」など、塗料の塗布する方法によって分かれています。

 

また、塗料は、樹脂・硬化剤・顔料・添加剤・溶剤から成ります。この中の樹脂は塗膜の性能に大きく関わるため、含まれる樹脂の種類によっても細かく分類されています。代表的に使用されている塗装の種類をご紹介します。

溶剤塗装

溶剤塗装

溶剤塗装は、最も一般的な塗装の方法です。シンナーなどの有機溶剤に樹脂や顔料などを混ぜた塗料を、ハケやスプレー、ローラーなどで塗布する方法です。

 

塗料の種類が豊富で、塗り方も自由に変えられることから汎用性が高く、幅広く用いられています。粉体塗装など、他の塗装方法と組み合わせることも可能です。 また、塗料自体も比較的安価なため、他の塗装方法に比べて安価に塗装できるというメリットがあります。

焼付塗装

焼付塗装

塗料を揮発させて吹き付けた後に、100℃~200℃に加熱して皮膜を焼き付け、硬化させる塗装方法です。塗膜の密着性が高いのが特徴で、耐久年数は塗料によって異なりますが、約4年~20年性能を保つことができます。

 

焼付塗装の塗料には、メラミン樹脂焼付塗装アクリル樹脂焼付塗装フッ素樹脂焼付塗装などがあります。

粉体塗装

粉体塗装

粉体塗装は、塗料を細かい粉体に砕き、静電気によって材料に付着させた後、高温で焼付乾燥することで塗膜を形成する方法です。形成される塗膜が厚いため、強度が高くて長期的に防錆などの性能を保持できるのが特徴です。

 

1回の塗装でムラの少ない厚い塗膜を得やすいので塗料の量が少なく済み、経済的です。また塗料自体も比較的安価になります。一方で、細やかな調色対応が求められる少量多品種の塗装には向いていません。また、工程が長く繊細な作業が求められるため、短納期にも対応できない可能性があります。

塗装とメッキの違い

塗装とメッキは、金属表面に皮膜を形成させて、錆びに強くしたり、見た目を美しくするという点が似ていますが、この2つは使用している塗料や塗布方法が異なります。製作予定の製品には、どちらを採用するべきか迷われた場合は、参考にしてください。

 

塗装は樹脂を主原料とした塗膜をハケ・ローラー・スプレーなどを使用して表面に塗布します。一方メッキは、金属を溶かした液体に素材を浸けたり、金属分解を利用して皮膜を形成させます。

塗装

塗装は樹脂を主原料とした塗料をハケ・ローラー・スプレーなどを使用して表面に塗布したり、塗料を粉末にして静電気で付着させたりします。

 

塗装は、塗料の種類が豊富で色の選択肢が広いことが特徴で、さまざまな色彩を表現することができます。またメッキに比べて設備が小規模なため、現場に行って塗装することができます。塗装済みのものにも、上から塗り直しをすることができますので、万が一ひび割れや剥離が発生した場合でも、塗り直すことで復元することが可能です。加えてめっきに比べて塗料や加工費が安価であるため、コストダウンにも繋がります。

 

塗装は手塗りで行うことが一般的であるため、塗膜が不均一でムラが生じやすいのが難点です。塗料が表面に付着しているだけなので剝がれやすくなります。長期的に保持することが難しいので、定期的な塗り直しを前提とする必要があります。

メッキ

一方メッキは、金属を溶かした液体に母材を浸けたり、電気分解した金属を母材に析出させることで、メッキ金属の皮膜を形成させることです。

 

塗布されたメッキ金属が母材の金属と金属結合しているので、剝がれにくいのが特徴で、長期的に機能を保持することができます。塗装と比較して均一にメッキすることが可能で、複雑な形の製品にも向いています。加工ムラがなくメッキ金属の種類によっては皮膜を薄くすることも可能で、下地の色見を反映して多様な色彩や金属光沢が表現できます。

 

しかし、加工工程が多く時間がかかるため納期が遅くなる可能性があります。また、設備が大がかりなので、現場での塗布を施す場合には向いていません。そして一部のメッキが剥がれてしまった場合、一部だけメッキしたり、その上からメッキし直すことができないため、メッキを塗布し直す際には一度全てのメッキを剥がしてから行う必要があります。またメッキ金属と母材の金属の組み合わせは自由ではなく、素材によってはメッキすることが難しくなります。

【塗装】メリット
・色彩の選択肢が多い。
・現場での塗装が可能。
・塗装の塗り直しが容易。
・塗料・加工費が安い。

 

【塗装】デメリット
・塗膜の厚さにムラが生じやすい。
・長期的な保持が難しく塗り直しが必要。

 

塗装

【メッキ】メリット
・剝がれにくく、長期的に機能を保持できる。
・メッキの厚さが均一、複雑な形にも対応できる。

 

【メッキ】デメリット
・工程が多く作業に時間がかかる。
・大がかりなため工場のみでの作業となる。
・メッキのし直しが難しい。
・素材によってはメッキが難しい。

 

メッキ

塗装加工の注意点

塗装の注意点

塗装を施したり乾燥のために、製品を吊るす必要があります。板材などの場合、クリップを取り付けたり穴をあけて吊るします。クリップの取付部分には、塗装を施すことができません。穴をあける場合は最低でも直径3mm程度必要となりますので、予めご了承ください。※製品の形状や大きさによって異なります。

塗装加工のご依頼について

メタルGOでは数多くの加工メーカーとの提携により、お客様のご希望の形状・価格帯に合わせた加工方法をご提案しております。製品の寸法がわかる図面、表面処理の種類、用途、個数、などをお知らせいただけましたら、お見積りを提出いたします。図面がない場合はイメージ図からの製図や、最適な素材のご提案もいたしますので、お気軽にご相談ください。

取り扱い金属

鉄

強度が高くコストパフォーマンスに優れた金属素材です。
(SS400、S25C、S30C、SK140、SK84など)

ステンレス

ステンレス

鉄と同等の強度があり、耐食性に優れた錆びにくい金属素材です。
(SUS430、SUS304、SUS403、SUS410など)

アルミ

アルミニウム

軽量で取り外しなどを行う製品に適した金属素材です。耐食性にも優れ錆びにくいのが特徴です。
(A2017、A2024、A5052など)

製品にかけるコストや錆びにくさ、加工のしやすさなどの観点で、最適な金属素材を選定してください。

ご注文の流れ

ご注文の流れ-1
ご注文の流れ-2

・メタルGOにオーダーメイド品をご依頼される場合、予め図面や寸法図を事前にご用意ください。
・製品の設計や強度計算、耐荷重の算出などは、いたしかねますので予めご了承ください。
・お手持ちの製品への追加工は承っておりませんので、予めご了承ください。

・詳細のご注文方法や、対応の可否などはご注文時の注意点をご覧ください。


オーダー金属加工のご依頼・ご相談
お問合せフォーム・FAXからお気軽にお問合せください。

問い合わせフォーム
FAX用紙

関連の加工方法

  • 研磨加工
  • メッキ加工
  • 表面仕上げ加工

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出
    製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-695-775

営業時間 平日9:00~17:30(土日・祝日はお休み)

営業カレンダー

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出、製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問合せ・お見積り依頼

0120-695-775

[営業時間] 平日9:00~17:30 (土日・祝日はお休み)

営業日カレンダー

ホーム お知らせ一覧特定商取引法についてプライバシーポリシー
会社概要

メタルGO鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作