鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作のメタルGO

ホーム > 加工方法一覧 > 溶接加工のご依頼・お見積り

溶接加工のご依頼・お見積り

溶接加工

溶接加工を利用したオーダーメイド品の製作は、メタルGOにご依頼ください。取り扱い金属は主に、鉄・ステンレス・アルミの3種類で、全国のお客様からご注文を受け付けております。

技術力の高い溶接加工

溶接加工は、2つ以上の金属素材を接合するために重要な加工プロセスです。オーダーメイドの金属製品の仕上がりには、溶接加工の技術が大きく影響するとされています。メタルGOでは、確かな技術力のある協力会社との提携により、接合面の強度保持や仕上がり面の美しさを実現しています。一般的に難しいとされているステンレスやアルミの溶接、異なる金属同士での溶接もご相談ください。

溶接

溶接加工のオーダーメイド事例

溶接ブラケット

ブラケット

溶接フレーム

フレーム

溶接パイプベース

パイプベース

フランジ

フランジ

台車

台車

ボックス

ボックス

▶製品一覧

▶製品・製作事例一覧

このほかの製品にもオーダー対応いたしますので、お気軽にお見積りをご依頼ください。

溶接加工の価格はいくら?

溶接加工の値段は、使用する金属の素材や溶接の方法、製品の形状によって大きく異なります。接合部分の全てをくっつける全溶接か、部分的に止めるスポット溶接かによっても、価格に違いがありますので、製品の形状や用途の詳細を添えてまずはお気軽にお見積りをご依頼ください。

溶接加工の種類

溶接加工は大きく分けて、「融接」「圧接」「ろう接」に分かれます。最も一般的な溶接方法は「融接」と呼ばれる溶接棒(溶加材)と、母材を溶かして接合する方法です。一方「圧接」は、金属同士の表面を密着させた場所に熱や圧力を加え、溶解させ結合する方法です。「ろう接」は、接合する金属より融点の低い合金を溶かして、接着剤の役割を持たせて接合する金属自体を溶解させずに接合する方法です。

融接

融接は板材の制約をほとんど受けないため、形状やサイズに関わらず対応できます。結合強度が高く、工程数が少ないため比較的短い製作時間での加工が可能となります。溶接棒と母材を溶かす方法によって様々な種類があり、母材にあった方法を見つけやすいのも特徴です。

 

融接

 

<<主な融接の工法>>

アーク溶接
母材に電極棒を近づけて電圧をかけることによって電流を発生させ、その時に生じる光(=アーク)の熱で金属を融解させることにより接合します。融接の中で、最も一般的な工法です。

ガス溶接
プロパンガスやアセチレンガスと酸素を混合し燃焼させて得られる高温のガス炎を利用して、金属を融解して接合する方法です。高温では割れてしまう可能性がある薄板の溶接に適しています。

レーザー溶接
レーザー光線を当てて発生する熱を利用して、母材を融解させた後に凝固させて接合する方法です。レーザー光の調節により、局所的な加工にも対応できます。

電子ビーム溶接
電子ビームを母材に衝突させて、その際に生じる熱エネルギーを利用して溶接する方法です。一般的に機械制御による作業のため、作業者の練度による品質のバラツキがなく再現性があります。

圧接

一般的に機械的圧力によって接合を行うため、工場の作業が自動化されていることも多く、溶接の品質が一定になりやすく、大量生産に向いています。融接と異なり、固相のまま接合するため材料が痛みにくいのも特徴です。圧接は薄板の溶接によく使用されますが、強度が必要な厚板や、圧力が一定に与えらない複雑な形には対応できないことが多くあります。

 

圧接

 

<<主な圧接の工法>>

摩擦圧接
材料を回転させて一定の圧力を加え、金属同士に発生した摩擦熱を利用して接合する方法です。非常にエネルギー効率が良い接合方法で、アルミとステンレスの組み合わせなど他の溶接では難しい異種金属の接合も可能です。

ガス圧接
金属の表面にある酸化被膜をアセチレン過剰炎によって取り除くことにより、接合をしやすくする方法です。比較的コストが安く、継手の強度が高いのが特徴です。

抵抗溶接
金属同士を重ね合わせて加圧しながら通電して、電流に対して生じた抵抗熱によって母材を溶融させる方法です。大型なものから精密機器の部品まで幅広く対応が可能です。

爆発圧接
母材同士を爆発によって高速で衝突させて結合する方法です。冷間での溶接となるため、融点が高くて融解が困難な金属や、違う種類の金属同士を結合させることに長けています。

ろう接

溶加材使用して母材を溶かさずに接合する手法のため、複雑な形状の部品や多数箇所を接合する部品の同時接合が可能で、金属と非金属の接合にも対応できます。溶加材は、融解温度が450℃以上のものを「ろう」、融解温度が低いものを「軟ろう(はんだ)」と区分しています。

 

ろう接

 

<<主なろう接の工法>>

ろう付け
ろう付けは気密性・耐圧性が高いため、パイプ・コネクタ・バルブや、圧力容器に用いられています。接合面の融点が高いため、耐熱性が必要な部品などに最適です。

はんだ付け
軟ろう(はんだ)は、導電性が高く電気を伝えやすいため、電子部品などの組み立てや機械の基板などに適しています。

 

上記以外の加工方法も受け付けておりますので、ご相談ください。

溶接加工のメリット

ネジやボルトによる機械的接合は、溶接加工と対照的な接合方法ですが、機械的接合と比較したときの溶接の長所をご紹介します。

気密性・水密性が高い

機械的接合では、ネジやボルトを取り付けた部分にすき間ができますが、溶接は金属同士を融解させて接合するため、気密性・水密性を保つことができ、液体を入れる器やパイプなどで使用した場合、水漏れや外部からの混入のリスクが低減されます。

製品の重量が低減できる

機械的接合では、取り付けたネジやボルトの重量が増加しますが、溶接であれば重量の増加を低減することができます。製品の軽量化が重要な場合は、溶接がおすすめです。

継手の形状が簡単で、自由度が高い

機械的接合では、ネジやボルトの設置部分には最適な継手が必要になりますが、溶接の場合はどんな継手の形状や大きさでも幅広く対応できます。溶接の方法も多いため、非常に自由度が高い接合方法と言えます。

組み立ての工数が少なく、短時間で固定できる

機械的接合では、多数の部品の加工やネジやボルトを締める作業など工程が多くなります。一方、溶接の場合は工程数が少なく納期が比較的早くなりますので、早期の製作を行いたい場合にも最適です。

溶接加工の注意点

溶接の歪み

板状の金属素材を溶接する場合、歪みが生じて平置きが不安定となる可能性があります。歪みの程度は、溶接の距離や種類によって異なります。スポット溶接よりも全溶接の方が歪みが生じやすいです。アルゴン・TIGでは歪んでしまう場合でも、レーザー溶接であれば抑えられることがあります。

 

特にアルミの素材は、鉄やステンレスよりも溶接による歪みが生じやすく、厚みがある場合でも溶接の対面にふくらみができることがあります。3mm以下の薄い素材の場合、アルミが溶けて製作自体が不可となる可能性もありますので、ご了承ください。

溶接加工の注意点

溶接加工した部分には焼き色や加工跡が残りますので、見た目を重視する場合は、メッキや塗装などの表面処理を施す必要があります。あわせて表面仕上げ加工をご依頼ください。

▶塗装加工の詳細はこちら

▶メッキ加工の詳細はこちら

▶表面仕上げ加工の詳細はこちら

溶接加工のご依頼について

メタルGOでは数多くの加工メーカーとの提携により、お客様のご希望の形状・価格帯に合わせた加工方法をご提案しております。製品の寸法がわかる図面、表面処理の種類、用途、個数、などをお知らせいただけましたら、お見積りを提出いたします。図面がない場合はイメージ図からの製図や、最適な素材のご提案もいたしますので、お気軽にご相談ください。

取り扱い金属

鉄

強度が高くコストパフォーマンスに優れた金属素材です。
(SS400、S25C、S30C、SK140、SK84など)

ステンレス

ステンレス

鉄と同等の強度があり、耐食性に優れた錆びにくい金属素材です。
(SUS430、SUS304、SUS403、SUS410など)

アルミ

アルミニウム

軽量で取り外しなどを行う製品に適した金属素材です。耐食性にも優れ錆びにくいのが特徴です。
(A2017、A2024、A5052など)

製品にかけるコストや錆びにくさ、加工のしやすさなどの観点で、最適な金属素材を選定してください。

ご注文の流れ

ご注文の流れ-1
ご注文の流れ-2

・メタルGOにオーダーメイド品をご依頼される場合、予め図面や寸法図を事前にご用意ください。
・製品の設計や強度計算、耐荷重の算出などは、いたしかねますので予めご了承ください。
・お手持ちの製品への追加工は承っておりませんので、予めご了承ください。

・詳細のご注文方法や、対応の可否などはご注文時の注意点をご覧ください。


オーダー金属加工のご依頼・ご相談
お問合せフォーム・FAXからお気軽にお問合せください。

問い合わせフォーム
FAX用紙

関連の加工方法

  • マシンニング加工
  • レーザー加工
  • メッキ加工

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出
    製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-695-775

営業時間 平日9:00~17:30(土日・祝日はお休み)

営業カレンダー

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出、製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問合せ・お見積り依頼

0120-695-775

[営業時間] 平日9:00~17:30 (土日・祝日はお休み)

営業日カレンダー

ホーム お知らせ一覧特定商取引法についてプライバシーポリシー
会社概要

メタルGO鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作