鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作のメタルGO

ホーム > アルミ加工

アルミ加工

アルミ加工

メタルGOでは、アルミ(アルミニウム)加工・オーダー製作を1点から承っております。アルミは鉄やステンレスと異なり、非常に軽量である点が最大の利点です。持ち運びをすることが多い場合などは、特にアルミの特性を生かすことができます。

 

アルミは軽いだけではなく、耐食性にも優れており錆びにくく、屋外で利用する製品にも多く使われております。また、熱伝導性や放熱性にも優れているため高温を発するフィンや各種機械のパーツなどでも利用されるケースが多く、業種を問わず幅広い産業で使われている素材の1つになります。

目次
アルミの種類
1000系 -純アルミニウム-
2000系 -Al-Cu-Mg系合金-
3000系 -Al-Mn系合金-
4000系 -Al-Si系合金-
5000系 -Al-Mg系合金-
6000系 -Al-Mg-Si系合金-
7000系-Al-Zn-Mg系合金-
アルミの加工方法
アルミの製品例
農業用製品
台車・作業台
家具・インテリア
アルミ加工の対応可能エリア

アルミの種類

アルミは非常に軽量で、耐食性、熱伝導性、導電性が高いなどの特性から幅広い分野の製品に使用されており、非鉄金属の中で最も生産量が高い金属です。

 

純粋なアルミの製品はほとんどなく、多くの場合アルミニウム合金が使用されており、種類によって特性が異なります。アルミニウム合金は、塑性加工可能な「展伸材」と、溶けた金属を鋳型で凝固させて使用する「鋳物」に分かれ、それぞれに「熱処理型」と「非熱処理型」があります。展伸材は、添加されている元素によって、1000~7000系に分かれており、「A」から始まる材質記号で表されます。

アルミ合金の種類

1000系 -純アルミニウム-

1000系は純度99.0%以上のアルミニウムで、純アルミニウムとも呼ばれます。純度が高いため、熱伝導性や伝導率、加工性、耐食性に優れますが、強度が弱いため構造部品には向いていません。外観が良く、反射板、装飾品、容器、照明機器などに用いられています。

代表的な1000系アルミニウム・A1070
A1070は、アルミの純度が99.7%以上のアルミニウムで、強度は低いですが、曲げや絞り加工などの塑性変形がしやすく、耐食性に優れています。また導電性・熱伝導性もアルミの純度が高いほど良好になるため、熱交換器・配管などに使用されています。加えてアルマイト後の光沢も非常にきれいなため、装飾品にも採用されています。

2000系 -Al-Cu-Mg系合金-

2000系は銅(Cu)が添加されているアルミニウムで、機械的強度や切削性に優れるのが特徴です。主に航空機、輸送機械部品、構造材に使用されています。「ジュラルミン」は、2000系合金のA2017に、「超ジュラルミン」はA2024に該当し、鋼材に匹敵する強度を誇ります。

 

銅を添加すると強度は向上しますが、耐食性は低下するため、海水中などの腐食環境下での使用には向いていません。

 

代表的な2000系アルミニウム・A2017
A2017は、銅(Cu)と、マグネシウム(Mg)を含んだアルミ合金で、「ジュラルミン」と呼ばれています。強度が高く鉄や鉄鋼に匹敵する程の引張り強度があり、航空宇宙機器、ねじ類、船舶用材などに使用されています。

代表的な2000系アルミニウム・A2024
A2024はA2017(ジュラルミン)よりもさらに強度が高く「超ジュラルミン」とも呼ばれます。銅を加えることによって耐食性がやや低下しているので、耐食性が高い純アルミ系のA1230を貼り合わせて耐食性を補っているA2024PCがよく使用され、航空機、スピンドル、ボルト、各種構造材などが主な用途です。

3000系 -Al-Mn系合金-

3000系は、マンガン(Mn)が添加されているアルミニウムで、加工性・耐食性を損なうことなく、強度が少し増強されています。一般的に強度を上げると、耐食性や加工性に影響が出やすいですが、3000系は純アルミと大差がなく、アルミ缶のボディ、建材、容器などに使用されています。

代表的な3000系アルミニウム・A3003
A3003は、成形性、溶接性、耐食性に優れ、強度も少し高いアルミニウムです。一般機器、建材、船舶用材、フィン材、各種容器などに使用されています。3003に相当する合金にマグネシウム(Mg)を1%添加したA3004はさらに強度があり、アルミ缶、屋根板、ドアパネル板などの材料として広く用いられています。

4000系 -Al-Si系合金-

ケイ素(Si)シリコンが添加されているアルミニウムで、熱膨張率が抑えられており、耐摩耗性も向上していて、主に鍛造ピストンや建材用パネル、溶接棒用心線に使用されています。また他のアルミ合金よりも融点が低いのが特徴で、溶接溶加材や、ろう材としても活用されています。

代表的な4000系アルミニウム・A4032
A4032は、熱膨張係数が他のアルミの80%程度に抑えられたアルミニウムです。熱膨張係数の低さから、ブレーキのマスターシリンダー、バルブ、軸受などに採用されています。ケイ素(Si)にさらに銅(Cu)、マグネシウム(Mg)、ニッケル(Ni)などを添加することで、耐熱性も上させており、鍛造されてピストンやシリンダーヘッドなどにも使われています。

5000系 -Al-Mg系合金-

5000系はマグネシウム(Mg)が添加されているアルミニウムで、耐食性と強度が向上しており、加工性にも優れます。マグネシウムの含有量が0.5%~5%と幅が広く、比率に応じて特性が様々で用途も多岐に渡っています。低マグネシウム材は研磨によって高い光輝性を持ち、装飾材などに用いられ、高マグネシウム材は強度が高いため、構造材や船舶材として使用されています。

代表的な5000系アルミニウム・A5052
A5052はマグネシウム(Mg)を添加して溶接性や強度を高めたアルミニウムです。強度はアルミニウム合金の中で中間程度で、加工性と強度を両立させた素材と言えます。耐海水性(耐食性)にも優れており、一般的には、アルミ船舶、車両などに使用されています。

6000系 -Al-Mg-Si系合金-

マグネシウム(Mg)と、ケイ素(Si)シリコンが添加されているアルミニウムで、5000系よりもさらに耐食性と強度に優れ、汎用性の高い素材です。溶接の継手効率は低く、リベットやボルトを利用して接合することが多くなります。

代表的な6000系アルミニウム・A6061
A6061は、マグネシウム(Mg)と、ケイ素(Si)に加えて銅(Cu)を微量に添加したアルミニウム材で、鉄鋼構造材・SS400相当の強度があります。押出成形性が良いため、建築用サッシなどに多く用いられています。

7000系-Al-Zn-Mg系合金-

亜鉛(Zn)とマグネシウム(Mg)が添加されているアルミニウムで、熱処理による硬化により、アルミニウム合金の中で一番強度があります。7000番台のアルミニウムは、銅を含むAl-Zn-Mg-Cu系合金と、銅を含まないAl-Zn-Mg合金に分かれます。Al-Zn-Mg-Cu系合金には、A7075(超々ジュラルミン)や、A7N01(新幹線車両用)などがあり、非常に強度が高いのが特徴です。Al-Zn-Mg合金は、溶接構造材とも呼ばれ、溶接に優れたアルミ素材として知られています。

代表的な7000系アルミニウム・A7075
Al-Zn-Mg-Cu系合金であるA7075は、「超々ジュラルミン」とも呼ばれ、アルミニウム合金の中で最も強度が高いアルミニウム素材です。その特徴を生かして、航空機、車両やスポーツ用品などに使用されています。

アルミ素材の詳細についてはこちらで説明しております。

アルミ加工の加工方法

アルミ加工を行う場合、主には「切断加工」、「穴あけ加工」、「溶接加工」などがございます。切断加工を行う場合、アルミは鉄やステンレスに比べて硬度がありませんので、比較的容易に切断が可能です。薄物のアルミ板を曲げた製品(レールやパイプなど)などは、チップソーなどの電動工具で簡単に切断が可能です。

 

精密部品などを製作する場合には「マシンニング」などで製作可能も対応しております。

 

穴あけ加工

穴あけ加工

穴あけ加工は、ドリルを回転させて金属材料に穴をあける工程です。ドリルで穴をあけた後、リーマで内径の精度を上げたり、タップを用いて、めねじの形状をつけたりすることで、さまざまな形状の穴あけが可能です。パイプなどの特殊な加工物にも対応でき、現場での設計変更・追加工も可能な点がメリットです。

穴あけ加工は、ドリルでの穴あけとなりますが、切削加工と同様に鉄やステンレスよりも軟質ですので、通常の鉄工用ドリルのキリなどを使って穴あけを行います。切断でも穴あけでも同様に、切断面や穴あけを行った部分に「バリ」が出ますので、ヤスリで研磨して表面を滑らかに仕上げます。

 

溶接加工

溶接加工

熱や圧力を加えて2つ以上のアルミを接合します。アルミを溶接する場合、一般的にはTIG(ティグ)溶接が主に利用され、電極棒などに消耗しないタングステンなどを使用して溶接を行います。溶接による接合は、接合部のすき間が少なく気密性・水密性が高いのが特徴です。

アルミニウムは、溶接しているときに酸化しやすく、さらに生成された酸化皮膜は2000℃という高温でないと剥がせないことから、ステンレスや鉄などに比べて溶接の難易度が高い金属として知られています。溶接工場などプロの職人でも鉄・ステンレスしか取り扱いがない場合も多く、製作する加工品によっては非常に高度の溶接技術を求められます。メタルGOでは、アルミの溶接も承っておりますのでご相談ください。

 

マシニング加工

マシニング加工

マシニング加工は、「自動工具交換装置/ATC(Automatic Tool Changer)」が付いたマシニングセンタを使用して切削加工を行います。フライス加工、中ぐり加工、穴あけ加工、ねじ加工など、さまざまな形状に変形させることができ、自動で削る方向や動かす速度などをプログラムにより制御しています。繰り返し精度が高く製品を大量生産にする場合に最適です。

アルミは軟らかく切削性が高い金属ですので、マシニング加工にも適しています。また切削時には加工熱が発生してワークの歪みや、工具の摩耗に繋がりますが、アルミは熱伝導率が高いため熱が逃げやすくなっており、切削加工の欠点を軽減しています。

アルミの製品例

アルミは、鉄の3分の1の質量で非常に軽量です。その特性を生かして取り外しや持ち運びをする製品に多く用いられています。またアルミニウムは大気中で酸素と結合して不働態の酸化皮膜を形成するため、耐食性が高く屋外利用時でも錆びにくいといった性質があります。

 

メタルGOでは、アルミを利用した様々な分野向けのアルミ製品を一点からオーダー製作を承っております。下記の製品以外も対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。アルミ押し出し加工については一定量のオーダーが必要となりますが、システムフレームやレールなどの製作相談も受け付けております。

農業用製品

農業分野では、昇り降りなしで高所作業が行えるアルミ下駄や、寒冷紗・ビニールを巻き取りする巻取機など、作業を効率化できる製品が数多くあります。また、トラックの荷台への荷物の積み込み、積み下ろしなどの作業効率を高めるためのステップ、荷崩れ防止用の安全柵など、荷物の移動時に便利なものもあります。ぶどう・いちごなどのフルーツ農家さん、レタス・キャベツなどの野菜農家さん、お茶農家さんなど作物の種類に限らず幅広く採用されています。

台車・作業台

錆にも強いアルミは、屋外で利用する台車や、移動可能な作業台にも利用されるケースも多くあります。重量物などを乗せる場合にはスチールやステンレスの方が強度も高く安心ですが、重量物以外であればアルミ素材で製作しても一定の強度もあり移動もしやすいため、汎用性は抜群です。

家具・インテリア

アルミを使った家具やインテリア、作業台・架台・棚など製造現場で利用する物も製作可能です。工場内のクリーンルームや、洗車や洗浄を屋内で行うための防水スペースのフレームなどにもアルミ素材が多く使われております。大型サイズでも人間の手によって移動が行いやすく、小物から大きい物まで幅広く活用いただけます。

アルミ加工の対応可能エリア

メタルGOでは、全国への発送を行っております。製品の大きさやご注文の時期によっては配送方法や納期をご相談させていただく場合がございますが、数多くの加工メーカーとの提携により、できる限り対応させていただきます。

 

発送可能エリア

 

様々なアルミ加工品を1点からオーダー製作を承っておりますので、お見積りやご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせフォームまたは、FAXでご連絡ください

アルミ加工の製品・製作事例

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出
    製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-695-775

営業時間 平日9:00~17:30(土日・祝日はお休み)

営業カレンダー

ご注文の流れ

  • Step1

    お見積りのご依頼

  • Step2

    お見積りのご提出、製作可否の判断

  • Step3

    ご発注・決済

  • Step4

    発送日のご連絡

  • Step5

    発送完了のご連絡

  • Step6

    製品到着・検品受領

お問合せ・お見積り依頼

0120-695-775

[営業時間] 平日9:00~17:30 (土日・祝日はお休み)

営業日カレンダー

ホーム お知らせ一覧特定商取引法についてプライバシーポリシー
会社概要

メタルGO鉄・アルミ・ステンレスの金属加工とオーダー製作